超低用量ピルって普通のピルとどう違うの?効果の違いは?などなど、ヤーズというピルを題材としてご説明いたします。

避妊目的におすすめのヤーズ、授乳中は使用できるのか

避妊目的に利用されることの多いヤーズですが、授乳中の使用は禁忌とされています。これはヤーズに限ったことではないのですが、避妊目的であろうが、生理に関する症状改善が目的であろうがピルは妊娠中、授乳中の使用は高いリスクが伴うのです。
ヤーズは超低用量ピルの一種で、そのホルモン含有量が他のピルに比べて非常に少ないので、体への負担を最小限に抑えることができます。ただ、少なからず女性ホルモンを摂取していくことになるので、乳房やその他の女性的器官には何かしらの影響が出てくることになります。時には血栓症という病気を引き起こしてしまうことも考えられるので、その使用は慎重に行っていく必要があります。
そもそも、このヤーズは日本であれば医師の診察がないと処方される事はありません。さらに、新薬として登録されたばかりということもあってか、避妊目的での使用は原則として認められていません。生理不順や月経困難症、子宮内膜症など色々な整理に関する諸症状に対する治療が目的であること、これがヤーズを処方する際の条件です。
担当医に授乳中であることを伝えていればヤーズをはじめとするピルが処方されることはあまりありません。医師の判断によってそれが行われるケースもないわけではありませんが、ヤーズの服用によって母乳の量が減ってしまったり、質に関してもピルの成分が母乳内に漏れ出してしまうことも考えられます。赤ちゃんにとってはやはり悪影響となる部分が多いので、授乳中のヤーズの服用は避けるに越したことはないでしょう。
もしも医師にピルの使用を勧められた場合も、あまりに症状が心配であったり、何かしらの不安点がある場合にはほかに治療方法はないのか相談してみるのもいいかもしれません。