超低用量ピルって普通のピルとどう違うの?効果の違いは?などなど、ヤーズというピルを題材としてご説明いたします。

ヤーズを服用した際の副作用、便秘はなぜ起こるのか

ヤーズをはじめとする超低用量ピルは、その量は他のものに比べて少ないものの女性ホルモンが含まれています。ヤーズはこの女性ホルモンの量をうまく調節することによって排卵を防ぎ、生理の際の様々なトラブル解消していくことができます。
例えば、ひどい生理痛や過多出血、それに伴う貧血などの症状です。これらの症状は子宮内膜症の症状としても有名で、女性ホルモンの過剰分泌によって内膜組織が余分に増殖してしまうことで引き起こされます。ヤーズはこの女性ホルモンの量を抑え、内膜組織の増殖を未然に防ぐことができます。その結果、生理の際の出血量が減り、痛みも軽減していきます。
ただ、このヤーズをはじめとする超低用量ピル、女性ホルモンの関係でどうしても副作用が出てきます。これはどの種類のピルであろうと関係なく出てくるものなのですが、副作用の代表的なものでよくあげられるのが便秘や下痢などの胃腸系の症状です。
そもそも、女性の体はホルモンの影響を受けやすく、ピルによって女性ホルモン成分を摂取することによって自律神経のバランスが乱れやすくなります。自律神経に影響があると必然的に胃腸系の機能が低下し、便秘や下痢の症状に繋がっていくのです。さらに、ヤーズに含まれる黄体ホルモンは女性の体を妊娠中と同じ状態にしていく効果があります。生理中や妊娠中はこの黄体ホルモンの分泌量が増え、これが便秘の原因にもなっているのです。
つまり、元々便秘になりやすいところにピルの作用が働くので、よりその副作用が出やすくなっていきます。ヤーズをはじめとするピルを服用する際にはこうした点をしっかり押さえておくことをおすすめします。
人によっては便秘サプリメントや食生活の改善などによって、ピルの服用を続けながらその症状の改善策を考えていく必要があるかもしれません。