超低用量ピルって普通のピルとどう違うの?効果の違いは?などなど、ヤーズというピルを題材としてご説明いたします。

ヤーズで生理の時期をずらすことはできるのか

ヤーズは日本では超低用量ピルと呼ばれている種類のピルで、服用の仕方を工夫することで生理の時期をずらすことができます。ヤーズのピルシートは実薬と偽薬とが含まれています。飲み始めから生理の前までの期間は実薬を、そしてその後偽薬に切り替えて数日後に生理が始めるという仕組みです。実薬に含まれる女性ホルモンによって子宮内膜が剥がれ落ちるのを防いでいるので、その効果が切れる、つまり偽薬に切り替わるタイミングを調節すれば生理の時期を早めることも遅らせることも可能になってくるのです。
まず、ヤーズを使って生理の時期を早くしたいとき、この場合はその早くしたい日数分の実薬を取り除いていきます。1日だけ早めたいのであればピル1錠を、2日であれば2錠といったように、最大で7日程度であれば自由に生理のタイミングを調節できます。
逆に整理の時期を遅らせていきたいとき、この場合は予備のピルシートをもう一枚用意します。要は実薬を服用する日数を増やして子宮の内膜が剥がれ落ちるのを防ぐわけですから、新しいピルシートから実薬だけ、生理をずらす日数分服用していきます。そして、目的の日数分の実薬を服用した後は従来通り、偽薬の服用へと移行していくだけです。偽薬を飲んで数日後には通常通り生理が開始されますし、その間、避妊効果は継続して得ることができます。
生理時期を遅らせる場合、前者の早めるケースとは違い、新しいピルシートが一枚余分に必要になるため、利用の際はその旨を担当医師に相談してみるといいでしょう。人によっては治療との兼ね合いもありますし、医師からのより細かな説明、指導が入る場合もあります。生理の時期をずらすことを考えているという人はまずは医師への相談、これが最初のステップとなります。